早漏改善マニュアル

過敏性早漏

早漏の捉えられ方

男性の深刻な問題の一つに「早漏」がありますが、泌尿器科では早漏症との疾患名、PEという略称で呼ばれています。
その定義は、「セックスパートナーが満足を得られないうちに早期に男性が射精を終えてしまうこと」を意味します。しかし、一般的には、射精までの時間が短いこととされています。

医師による確定診断指針は4つで決まってしまいます。

早漏には症状と原因の違いで4つのタイプがあることはご存じでしょうか?
悩んでいる男性は、自分がどのタイプに属しているのかを見て、最善の改善方法を探しましょう!



  • 自覚症状:膣内に挿入してから射精にいたるまでの時間が2分弱程度。
  • 膣内へ入れる前、入れている途中、入れた後のどこかの時に、男性本人がイきたいという思いには反して、極めて少ない陰部への刺激で射精してしまう、または射精が繰り返し起こったり、持続してしまう。
  • 早漏に悩み、その結果、著しく人間関係に問題を抱えたり、心理的苦痛を感じている状態だ。
  • 射精までの時間コントロールができない。

過敏性早漏

生理的に起こる過敏性早漏は、ペニス敏感タイプです!
通常、エッチな想像やイマジネーションを受けると、大脳で性的興奮を感じるプラス、逆に男性器からの刺激が脊髄を伝わり大脳へ興奮が伝わるという過程により、射精がもたらされるわけですが、過敏性早漏は、大脳の興奮を得ない状態のまま、脊髄末端の射精中枢が一気に興奮の渦に巻き込まれ達してしまう反射刺激性の早漏です。

日本では4つの中で、このタイプに悩む方が最大数を占め、特に10歳代後半や20歳代の若い男性やスポーツマンがかかりやすいです。

そして、刺激に慣れていない男性が、性器への少しの刺激で射精に至ってしまうのです。
これは心理的要因やEDなどの障害がない、極めて生理的な早漏です。この場合、慣れる、経験を重ねる、射精しそうになったら我慢するといった訓練により改善が見込めます。

過敏性早漏

生理的に起こる過敏性早漏は、ペニス敏感タイプです!
通常、エッチな想像やイマジネーションを受けると、大脳で性的興奮を感じるプラス、逆に男性器からの刺激が脊髄を伝わり大脳へ興奮が伝わるという過程により、射精がもたらされるわけですが、過敏性早漏は、大脳の興奮を得ない状態のまま、脊髄末端の射精中枢が一気に興奮の渦に巻き込まれ達してしまう反射刺激性の早漏です。

日本では4つの中で、このタイプに悩む方が最大数を占め、特に10歳代後半や20歳代の若い男性やスポーツマンがかかりやすいです。

そして、刺激に慣れていない男性が、性器への少しの刺激で射精に至ってしまうのです。
これは心理的要因やEDなどの障害がない、極めて生理的な早漏です。この場合、慣れる、経験を重ねる、射精しそうになったら我慢するといった訓練により改善が見込めます。

過敏性と疑わしい症状

自分が過敏性早漏かどうかを見極める症状は、膣圧に弱い、手・足コキされると射精してしまう。亀頭をシャワーで数分あてるだけでぞくぞくっと感じるなどの自覚がある場合、ペニスの皮膚の過敏性を疑ってみるべきです。

原因
皮に覆われた過保護状態の包茎と、オナニーで早くイこうとする癖が原因です。

対策
包茎であれば包茎手術が有効です。が、その有無にかかわらずペニス鍛錬あるのみとも言われています。