早漏改善マニュアル

早漏の自覚と努力

早漏と動物

男性というのは意外とデリケートなものです。
性行為において自信を失っている男性は多く原因のひとつに早漏によって女性を満足させることができなかったという経験をしたことがあるという経験が上げられます。
その時間については、女性の膣内に挿入してから何分間以内に射精してしまなど、基準が明確に決まっているわけではありません。

そう言う点から早漏なのに自覚できない人や、逆に早漏じゃないのに早漏と思いこんでしまう男性もいるくらいです。
そもそも自然界の動物の「オス」という観点からすると自分の身を敵から守りながらの性行為ですから時間が短いのは動物の本質ともされています。
ところが人間は子孫を残すための性行為というだけではなく、快楽を得るために性行為を行う生き物なのでこうした悩みが生まれるのです。

もしパートナーが性行為に不満を抱いていないのだとしたら例え早漏だとしても悩む必要はなく、早漏じゃなくてもパートナーが不満を感じているようなら少し考えなくてはいけないということが言えます。
そういった場合には別項のスクイーズ法やセマンズ法をご覧ください。

早漏の男性は努力が必要

挿入し「あっ!」と思った時には射精してしまっていた。
早漏と言われる症状が伺い知れるシチュエーションです。
こうした症状は若い世代に見られるシチュエーションで、今現在なんなく性行為をこなせる人でも昔経験したことがある人が多いのではないでしょうか?

早漏は本人としては一大事なわけですが、他人からは笑われてしまったりすることもあります。
この症状は、どうしても女性に「嫌われてしまう」「愛想を尽かされてしまう」といった心配が付きまとうものです。
もちろん女性が満足する前に射精してしまうわけですから、欲求不満となる女性がいるのも事実です。
お付き合いしている女性と「身体の相性が合わない」という理由で別れてしまったカップルの真相としては男性が早漏で女性が満足できないというのが本音なところと言えます。

早漏をの男性を表す言葉で「三こすり半」という言葉があります。
文字通り、3回半程度ペニスを擦っただけで射精してしまうという意味です。
あまりいい意味で使われる言葉ではありませんし、近年ではあまり使われることはありません。
前述の原因を改善させる方法ももちろんあります。

精神を安定させること、筋力を鍛えること、刺激に慣れること。
これらを実行する事で個人差はありますが幾分かは改善されます。

近年では早漏防止薬もいろいろな形状の物が開発されていますが、お薬の効果だけではなく、こうした地道な努力というのもとても大切になりますので、早漏に悩む男性には是非理解をして欲しいです。
もう一度言います。「努力が大切!」です。